©2019 by 日本LPEC研究会

日本LPEC研究会

Japanese Study Group of LPEC

thumbnail_image1_edited_edited.jpg

ご挨拶

 「LPEC研究会」は、これまで日本小児外科学会、日本ヘルニア学会の付加研究会としてセミクローズの形式で開催してまいりましたが、このたび「LPEC研究会」を発展的に改称し、「日本LPEC研究会」としてリニューアルすることになりました。

   お蔭様で、小児外科領域では標準術式として評価を頂き広く普及してきましたが、少なからず種々の問題点が生じてまいりました。また成人外科領域では「LPEC法」への関心度が深まるにつれ、新たなる問題点がいくつか指摘されてきています。

 「LPEC法」を考案し、臨床に導入して四半世紀を迎えようとしている今、改めて初心に戻り「LPEC法」を見直す必要性を強く感じています。

 小児および成人の鼠径ヘルニアに対し人工素材(メッシュ、プラグ)を使用しない唯一の腹腔鏡下ヘルニア手術として、手技の習熟を図り、低侵襲性・安全性・治療成績の向上にむけてさらなる精進を重ねてまいりたいと思っております。

                                                  日本LPEC研究会

                                          代表世話人 嵩原 裕夫